ベビーシッターを有効活用できるシチュエーション

ベビーシッターには定期利用と不定期利用とがあります。
定期利用とは、「毎週水曜日」や「土曜日と日曜日だけ」などのように、曜日や時間帯を決めておき、毎週同じ曜日・時間帯に継続してベビーシッターを利用する方法です。


不定期利用とは、必要なときだけ臨時でベビーシッターを利用することを意味します。



多くの人がベビーシッターというと、定期利用の方をイメージしますが、実際には不定期利用をする人の方が多いというデータもあります。



ちなみに、サービス業者によっては定期利用のことを会員、不定期利用のことをビジターと表現しているなど、会社ごとに呼び方が変わるので注意が必要です。不定期で利用されるケースとしては、子供のいる母親に急用ができたときがあげられます。


親戚に不幸があって、急にお通夜や葬儀に参加しなくてはならなくなった場合や知人・友人が病気や怪我で緊急入院したような場合です。

急いで家をでなくてはならないにもかかわらず、子供の面倒を見てくれる人を探すことができない場合に、ベビーシッターが活用されています。サービス業者に電話すれば、最短で1時間後には責任をもって子供の面倒を見てくれる人材を派遣してくれるため、時間がないときに利用するにはうってつけのサービスだと言えるでしょう。

このような緊急事態に備えて、いくつかの派遣業者の電話番号を調べておくと安心です。

日本経済新聞に関しての情報が閲覧できます。

緊急事態以外だけでなく、友達と食事をする予定が入ったとき、結婚式にお呼ばれしたときなど、1日だけ臨時で子供の面倒を見てもらいたいときにも活用されています。